介護している人に腰痛持ちが多い

介護している人に腰痛持ちが多いわけと腰痛にならない介護とは

介護をしている人ならびに介護現場で働く人に多く見られる問題が、腰の痛みで悩んでいることです。介護される側の方が年々増加している現状で、介護する方の負担が少しでも減るような方法をいくつか考えられるようになりました。

介護する側は、介護される側の方をどうしても持ち上げる動作があり、その動作が一番腰に負担をかける大きな要因でした。また介護する人が前もって腰痛を予防することが促進されました。

まずは腰痛予防に適した栄養や食品をとることです。骨の土台となるカルシウムを多く含む食品、乳製品などが適しています。次にビタミンB群そしてビタミンE,、Cを含む食品をとることがよいとされています。例えば、ウナギなどの魚類やさつまいもなどの根菜類、大豆などの豆類などが適している食品と言えます。

あとは適度な運動が腰痛予防に良いとされ、特に腰の筋肉が低下しないようにしておかなければなりません。水泳などであまり腰に負担をかけないように、徐々に運動することが大切です。

介護の現場で介護する人に腰痛で悩む人が多くみられることは、かなり深刻でこれをうけて、厚生労働省は「介護現場における腰痛予防対策指針」を19年ぶりに改訂し、、その中で「原則として人力による抱え上げは行わせない」と明記され、上げる場合はリフトなどの機器を使用し、ない場合は2人以上で行うことに決められ、少しでも介護をする人の腰への負担を減らすようにされるようになりました。