生理中によく腰痛を引き起こす

生理中によく腰痛を引き起こすわけは

女性特有の症状で、「生理前や生理中になると、腰がズドーンという感覚で重くなり、痛みを感じる。」という方が非常に多いようです。では腰の部分がどのようになっているのでしょうか?

生理中の腰痛についての原因にはいくつか考えられますが、主に、腰部分の血行不良や骨盤の歪み、またはホルモンの影響により腰への負担が増大したことにより、腰の痛みを引き起こしたと考えられます。まず腰部分の血行不良は、生理中は子宮に血液を送るように体が反応するため、子宮のある骨盤内の血液が充血するので腰が重く感じられ、痛みを発症するときもあります。

次に骨盤の歪みは、生理中は骨盤が緩み全体に広がりますが、骨盤に歪みが元々あると骨盤がうまく広がらずに、腰に負担をかけてしまい痛みが発症します。

最後は、ホルモンの影響です。生理中は子宮から黄体ホルモンという物質が分泌されるのですが、ホルモンのバランスが崩れて分泌量が増加すると腰の痛みを感じやすくなります。

これらの他にも、精神的な問題やストレスによる自律神経の乱れ、なども原因とされています。しかし、原因と言われるもののほとんどは生理が終わると腰痛も治まるのですが、生理が終わっても腰痛が残る場合は、子宮や骨盤または内臓などに他の病気を発症している可能性も考えられますので、注意してください。またその場合の腰痛はそれらの疾患を治療するまで残念ながら、解消しないことが多いと思われます。