腰の異常が手足のしびれを招く

腰の異常が手足のしびれを招く結果となります

単に足のしびれの原因を探ると、いろいろなことが考えられ一概には言えません。内臓疾患、脳の異常、脊髄の異常、ストレス、筋肉の異常、腰の異常など、挙げるときりがありません。ここでは腰の異常による足のしびれについて、考えていきましょう。

そもそも腰の異常からくる足のしびれは、神経的異常を示す場合が多く、例えば、椎間板ヘルニアなどで腰の神経を圧迫しているのであれば、痛みは激しく、足の神経が腰や骨盤から出ているために、同時に足のしびれも引き起こすケースがよくみられます。

または、椎間関節性腰痛と呼ばれるもので、腰部分の背骨と背骨の間にある椎間関節がすり減って痛みを発症し、足にもしびれを引き起こします。こちらは神経ではないので痛みも激しくなく鈍く続きます。

よくぎっくり腰による痛みで足のしびれを引き起こされる「坐骨神経痛」と診断されたりしますが、この場合は、明らかに椎間板ヘルニアや椎間関節性腰痛よって足のしびれも起こったわけですので、まず腰の異常部分を治療しましょう。すると案外、腰の異常部分を治療すれば、足のしびれもなくなったということが多いです。

腰痛と足のしびれが同時に起こった場合、すぐに病院で診察してもらいましょう。他の腰痛よりも重篤と考えたほうが良いと思われます。我慢は禁物、病状が悪化するばかりで決してよくなることはありませんので、早急に病院で正しく診断してもらい治療をしていきましょう。