仰向けに寝ると腰が痛くなる

仰向けに寝ると腰が痛くなるわけはなぜ?

もともと人間の骨格は、仰向け寝に合っていないそうです。仰向けで寝るということは腰骨に強い負担をかけたまま眠ることになるので、腰骨が硬直した状態で朝まで眠ることになります。また日ごろの生活の中で、仕事などでたまったストレスで大脳の緊張した状態が、腰骨を硬直させてしまうので、大脳を休めることも大切になります。こういうことが腰痛を引き起こす原因になるといわれています。

では、仰向けに寝ると腰が痛くなる人は、どのようにすればよいのでしょうか。とりあえず、腰の負担を減らすことです。ならびに脳のストレスを発散させ心身ともに充実させていくことをおすすめします。

仰向けに寝るよりも、一般的に横向きに寝ることが腰に負担がかからない寝方になります。ただし、背骨のズレをきたすことがあります。使用している枕が合っていないこともあるので、枕が高くても低くても横向きに寝たときに背骨が一直線になっておらず、そのため腰に負担がかかり、腰痛を引き起こす場合があります。この際、一度寝具も点検されてはいかがでしょうか。案外、そういうところに原因が潜んでいる場合があります。

また適度の運動により疲れを発散させ、脳のストレスを解消させることも、腰の負担を減らすことになります。一番有効な運動は、「散歩」と言われています。歩くことによって、大脳の緊張が緩み、全身の血行がよくなります。よって心身ともに充実していくようになります。すると腰痛もいつのまにかなくなっていたことに気付きます。