腰痛持ちのソファの選び方

腰痛持ちのソファの選び方、ソファの過ごし方

腰痛を持っている人が、ソファに座ることが大変敏感になります。なぜそのようなことになるのでしょうか。それはソファに座ることによって、上半身の全体重が腰にかかってくるからです。またソファが固すぎると体にかかる圧力が分散せず、柔らかすぎるとソファに座る姿勢が崩れ、どちらも腰の負担が大きくなり腰痛が発生します。

では、どのようなソファを選べばよいのですか?腰痛を引き起こさないソファの座り方とはどのようなものでしょうか?

まず腰痛を持っている人が、ソファに長く座っている状態を保つのであれば、座った時に体にかかる圧力を分散させることが条件1です。ソファのクッションが固すぎず、柔らかすぎず、適度な柔らかさでつつみこみ腰への負担が少ないことが大切になってきます。 

次に腰の負担を少しでも軽くできるような、サポート作りです。なにかこういうと大げさなものと勘違いしそうですが、要は背もたれに別のクッションを入れ、腰部に隙間ができないようににサポートできるものです。

そして最後に、ソファに座った姿勢、また座ったときの背もたれの角度がポイントに挙げられます。深くソファに座った場合、姿勢がすぐ崩れ、浅すぎると腰が非常に疲れてきます。またリラックスできるように背もたれの角度を変えられるようなものが大事になってきます。

あと気をつけておきたいのは、ソファの置き場所です。ソファを置くことによって、自身の動作空間と生活同線の変化があらわれます。かえって腰に負担をかける動作がないかチェックしておきましょう。ソファを置いたために、入り口を塞がれた引きだしなんかがないかよく見ておくべきです。