最新腰痛治療の現状

最新腰痛治療の現状と改善点

全国に腰痛で苦しんでいる患者は、約1,200万人いると言われています。その腰痛で苦しんでいる患者たちは、少しでも痛みから解放されることを願い、簡単に治療できる方法を探しています。それでは現在どのような新しい治療が行われているのでしょうか?その治療にはまだまだ改善する余地があるのでしょうか?

突然ですが、人工芝とヘルニアには相関関係があるとかないとか言われています。それがいったいどういうことかというと、施工をする際にどうしても腰に重量くをかけることが必要となってくるからです。脊椎に重力がのしかかることは、とてもとても辛いことです。プロの人工芝職人であっても、例えそれが熱に強いような人工芝でリアルなものであったとしても結果は一緒です。人工的に作られた芝が一番!という方は是非検証してみるべきだと思います。手術にならないことを祈るばかりです。

ここにあげるのは、整形外科による治療法です。椎間板ヘルニアによる慢性の腰痛で、1泊2日手術です。

背骨の椎間板にあるヘルニアが飛び出し神経を圧迫して痛みが生じるもので、手術によって飛び出したヘルニアを切り取り除去する目的であるが、今までの手術は、背中を10cm切開し骨を大きく削る外科手術になり、患者の負担が大きく、また入院も数週間かかることから手術をあきらめる人が多かった。しかし、現在では、内視鏡を用いた経皮的内視鏡椎間板摘出術いわゆるPEDと呼ばれる手術で、約8mmほど切開すれば、内視鏡で患部に到達していく方法なので、患者の負担が小さく、入院も2日で終了します。

また手術後2時間で歩行可能になり、翌日退院できます。手術料金は手術内容によっても変わりますが、健康保険が適応し入院費込で約6万円程度の負担で済みます。

その他、運動治療やマッサージ治療、注射治療または読書治療というものもありますが、どの治療法にも一長一短があり、最前線治療と謳っているものの、はっきりとした効果は記されておらず、まだ万人に適応はしていないようです。